フライパンとしての使い勝手

フライパンとしての使い勝手

フライパンとしての使い勝手

フレーバーストーンはフライパンとしての使い勝手はなかなか良いです。

 

ただ一点重いという点を除けばですが。

 

ですので、チャーハンのように鍋を振ったりする料理には向きません。
また、フレーバーストーンは強火での使用はガス、IHともにNGなので、そういう意味でもチャーハンは向いていません。

 

こういう欠点はありますが、それさえ理解しておけば使い勝手は決して悪くないです。

 

熱通りは日を付けた段階では鈍いものの、一度熱が上がってくれば弱火でもかなりの火力になり、お湯を沸かす時などは普通のフライパンよりも早く沸きます。

 

実はかなり熱伝導率が高いのです。ただフライパン全体をムラ無く加熱するため部分的な瞬発力がないだけなのです。

 

この特性は鍋にも似ていますので、鍋料理とも相性がいいです。

 

また、肉などを焼く時もフライパンから遠赤外線が出るので炭火焼きのような外がカリカリで中はジューシーという仕上がりになります。

 

他にもアイデア次第で炒めるだけでなく、色々な料理に活用できます。